多様化する女性の働き方!時短・フレックス・在宅・複業・フリーランスどれが正解?

多様化する女性の働き方 時短・フレックス・複業・フリーランス

多様化する女性の働き方!時短・フレックス・在宅・複業・フリーランスどれが正解?

「女性は結婚したら退職して家庭に専念する」といった時代は過ぎ、仕事と家庭を両立しながら、女性が社会で活躍する姿は、当たり前になりつつあります。しかし「結婚」や「出産」といったライフイベントが、女性たちの働き方やキャリアに影響しているのは紛れもない事実です。

「結婚して子供ができてもキャリアを継続させてたい!」「子育てと両立したいけど不安」など、女性たちは日々様々な想いや漠然とした不安を抱えながら働いていることと思います。

ここでは、結婚や出産~子育てなど、ライフステージに合わせられる女性の働き方や、女性が自分らしくキャリア形成できる働き方などについて、それぞれのメリット・デメリットを紹介してまとめています。

女性の働き方は働き方改革で変わる?

まずは、最近よく耳にする「働き方改革」。女性の働き方への影響や改善はあるのでしょうか?

「女性労働力」がもたらす経済成長

日本は本格的な少子高齢化時代を迎えつつあります。このまま放っておけばどんどん働く人の数が少なくなっていき、日本の経済は衰退してしまいます。それを防ぐために、国が注目しているのが「女性労働力」です。日本では働き盛りの年代であるにも関らず、家庭と仕事の両立が難しくなる30代で仕事を辞めてしまっている女性の割合が多く、国としては「この女性たちが働いてくれるようになれば、日本の経済成長がかなり後押しされる」と考えているからです。

「女性の活躍」という国の目標

「アベノミクス」の中では「女性の活躍」が重要な戦略と位置づけられています。

この「女性の活躍」のひとつの目標として、国は2020年までに議員や企業の管理職など「指導的役割」に占める女性の割合を30%まで引き上げるというものを掲げました。

2012年時点での割合は11.1%なので、かなりハードな目標ですが、そのために必要な、保育所の充実や待機児童問題。育児休暇の延長や男性の育児休業取得など、これまで必要な施策が様々打ち出されています。

女性にとっての働きやすい環境とは?

国や政府が掲げる「働き方改革」で、女性が働くための施策は打ち出されていますが、女性が働きやすい環境は、まだまだ十分ではありません。では、女性にとっての働きやすい環境とは具体的にどのような環境でしょうか。

女性が、結婚や出産、子育てとライフイベントと仕事を両立していくためには、

・ライフイベントにあわせて働き方を変化できる
・子育てしながらキャリア形成できる
・経済的なメリットだけでなく「やりがい」「社会参加」を感じられる働き方

以上の3点がポイントになってきます。

女性の働き方はひとつの正解があるわけではなく、それぞれの女性にそれぞれの幸せな働き方の正解があると思います。大切なことは、自分で働き方を選んでいくことです。

企業では、社員一人ひとりのライフステージ・スタイルや価値観の多様性(ダイバーシティ)を重視する、時短勤務やフレックス勤務、リモートワークなどを取り入れるなど、女性がライフイベントに合わせて柔軟に働きやすい環境が少しずつ整ってきてきています。

 

働き方改革!女性の働き方①時短勤務のメリット・デメリット

時短勤務とは、「子どもが3歳になるまでは1日原則6時間の短時間勤務が可能」と法律で定められてる働き方の制度です。また、この法律制度とは別に企業独自が定めている時短勤務制度もあるので、働き方の条件は様々です。では時短勤務を利用すると実際に、働く女性にどのようなメリットがあるのか、反対にデメリットがあるのかも抑えておきましょう。

時短勤務のメリット

育児と仕事の両立がしやすいことです。仕事を早めに切り上げることにより、時間に余裕が出来て、子どもと触れ合う時間が増えたり、なかなか手が回りずらい家事にも、時間を割くことが出来るようになります。

仕事面で考えると、今まで女性が出産のため諦めてしまうことが多かったキャリアの継続が実現しやすくなるという大きなメリットが生まれます。仕事に対する長期的なビジョンを立てやすく、将来に向けてキャリアを積むこともできます。

時短勤務のデメリット

時短勤務をしていると、どうしても思い切り仕事に打ち込むことは難しいかもしれません。なぜなら、時短勤務の場合は、周囲の人たちよりも仕事をする時間が短くなってしまうため、自分が率先してやりたい仕事があっても、時間的な問題が発生してしまい、満足のいく出せない状況が起こるかもしれないからです。

また時短勤務は、勤務時間が短くなることにより給料が少なくなる場合もあるので、しっかり確認が必要です。

働き方改革!女性の働き方②フレックス勤務のメリット・デメリット

フレックス勤務とは、「始業時間と終業時間を労働者が自由に決められる」という働き方の制度です。1日の労働時間を、必ず出勤しないといけない「コアタイム」と、その前後のいつ出勤・退勤してもいい「フレキシブルタイム」に分けられています。フレックスタイム制は、個々に自主性にゆだねられているため、メリットも大きいですが、デメリットももちろん考えられます。

フレックス勤務のメリット

・勤務時間をずらせるので、通勤ラッシュを避けられる

・子供の通院や習い事などに対応しやすい

・自分で仕事の時間配分を行えるので、残業を減らせる

フレックス勤務のデメリット

・取引会社や他部門とのコミュニケーションをとるときに、時間の設定が難しい

・自己管理能力がないと仕事がはかどらない

働き方改革!女性の働き方③リモートワーク・テレワークに注目!

最近女性の働き方として注目を集めているのが、子育てや介護をしながらでも、自宅で働ける「リモートワーク」や「テレワーク」という働き方です。「クラウドワーク」といったりする場合もあります。

時短勤務やフレックス勤務は、会社に出社する必要がありますが、この働き方は、インターネットを活用し、場所や時間にとらわれず、自宅や好きな場所で働くことができます。

いわゆる在宅勤務なので、保育所が見つからない、家を出られないなどの事情がある方も、能力に合わせて時間を調整しながら働けるという点で、この働き方を選択する女性が増加しています。

実際、リモートワークを取り入れている企業はまだまだ少ないですが、働き方改革法案も可決され、、生産性向上が叫ばれる中、今後リモートワークの導入はどんどん推進されていくと考えられます。

リモートワークやテレワークに、どのようなメリットやデメリットがあるのかみていきましょう。

 

女性がリモートワークで働く【メリット】は?

リモートワークのメリット①柔軟な働き方ができる

働く場所を自分で選択することができるため、ライフスタイルにあわせて働き方を変えることができます。

例えば、こどもの体調が悪い場合、自宅で世話をしながら仕事をする、台風や大雪で出勤が困難な場合、無理をして職場に行かず自宅で仕事をするなど、その状況に応じた効率的な働き方を実現できるのは大きなメリットです。

リモートワークのメリット②通勤ラッシュから解放される

朝のラッシュから解放されるのは大きなメリットです。満員電車に乗って通勤するだけで、毎朝体力を消耗している女性も少なくないでしょう。体調不良の時や、帰りのラッシュ時や会社の飲み会で遅くなった時なども、満員電車が非常にハード。リモートワークなら、こうした往復の満員電車で、無駄に体力を消耗することもなくせます。

リモートワークのメリット③メイクやオフィスファッションから解放される

働く女性の多くが、自分の着たいファッションをは別に「仕事のために着る服」を持っています。スーツやジャケットがわかりやすい例ですね。

さらに、しっかりメイクをすることもビジネスではマナーとされているので、毎朝のメイクタイムを必死で確保する必要もなくなります。化粧品の出費や大きなものになります。リモートワークすることで、こうした、“ビジネスだからやらなければいけない”というファッションの手間・コストから解放されることは大きなメリットといえるでしょう。

リモートワークのメリット④付き合いランチや飲み会から解放される

女性同士で、いつも連れ立ってランチに行くという習慣がある職場は多いもの。仲が良ければいいですが、本当は苦手だったり、仲間はずれになるから仕方なくランチをしに行ったりする女性も中にはいます。そうした女性同士のつながりに面倒臭さも、在宅になればなくなります。さらに職場の飲み会も免除してもらいやすくなりので、職場の付き合いのストレスは格段に減るといえます。

リモートワークのメリット⑤業務生産性の向上

もちろんリモートワークは、解放されることやなくなることばかりではありません。職場に出社せず、会話やミーティングをしたりする時間が削減されるため、業務に集中することができ、生産性向上が期待できます。

女性がリモートワークで働く【デメリット】は?

リモートワークのデメリット①仕事とプライベートに境界がなくなる

リモートワークは、昼間に仕事をしょうが深夜に仕事をしようが自由です。また、平日も休日も自宅にいることで、メリハリがなくなるかもしれません。そうすると、仕事とプライベートの境界が曖昧になります。昼間に仕事が終わらなくても、「夜やればいいか」「日曜日空いているからやろうかな」などと考えがちに。時間の融通が効くのはメリットでもあつのですが、一方で仕事とプライベートの境界がなくなる可能性がありますので、合わない場合もあるかもしれません。

リモートワークのデメリット②仕事に集中できない

子どもと過ごせる時間が増えるのは良いことですが、子守りをしながらの仕事が大変だという声も挙がっています。実際にリモートワークしてみたものの、仕事に没頭できるのは子どもが寝ている間だけということもありえます。保育園に預けるなどができれば別ですが、家で子どもを見ながら仕事をすると十分な時間が取れなかったり、集中できずパフォーマンスが下がったりするということも考えられます。

リモートワークのデメリット③仕事がはかどらない

家にいると、テレビを観てしまったり、昼寝をしてしまったりと誘惑がいっぱいです。オフィスにいれば、周囲の目もあり「仕事をするしかない」状況に置かれているので、家にいるよりもずっと仕事ができるというケースも少なくないのです。そのため、「どうしても誘惑に負けてしまう」という方は、リモートワークにすると仕事がはかどらない場合がありますので注意が必要です。

リモートワークのデメリット④専業主婦とみなされる

リモートワークしている女性は、働いているのにも関わらず、「家にいるのだから家事も完璧にできるはず」と見なされることが少なくありません。夫や親などへ「どのくらいの時間、仕事をしているか」などをきちんと伝え、理解してもらえるようにする必要があります。また、地域によっては、在宅勤務だと就労証明書がもらえず保育園に子どもを預けられないケースもでてきます。そういったデメリットも考える必要があります。

リモートワークで働く4つのポイント

ライフスタイルにあわせて、働く場所や業務時間を効率的にスケジューリングすることができ、自由度が高いリモートワークですが、必要なスキルや心構えが重要です。4つのポイントをご紹介します。

リモートワーク成功のポイント①ITに関する基礎知識を身につける

リモートワークは、インターネットを使って、職場以外の場所で仕事をすることになります。

つまり、万が一パソコンやネット環境に問題などが起こったとしても、自分ひとりで解決しなければなりません。

問題が発生した場合、状況を自分で理解し、分析し、解決できる力を身につけておく必要があります。物理的に距離があると、誰かに頼ることが難しいため、分からないことは、ある程度自分で解決法をみつけ、解決する姿勢とノウハウも必要になります。基本的なトラブルの原因がわかるくらいには、知識をもっておけるといいですね。

リモートワーク成功のポイント②こまめなコミュニケーションを意識する

職場の上司やメンバー、クライアントとは、基本的に顔を合わせることなく仕事をするため、直接会話をする機会が減少します。その分、自分から「報・連・相」を徹底し、状況を伝える姿勢がとても大切です。

電話・メール・チャットツールなどにおいても、正確に物事を伝える能力や、自分の考えをきちんと言語化できるスキルが必要です。

リモートワーク成功のポイント③自己管理する能力が必要

自宅で仕事をする場合、仕事以外の誘惑が多そうですよね。職場での仕事に比べると、リモートワークは自由度が高く、個人の働き方が尊重されます。その分、しっかりと自分を律して仕事に取り組まなければなりません。自分で1日のスケジュールやタスクを決めて、期日までに遂行する力が必要になります。

職場のメンバーに見られていない環境で働くことになるため、自分を律する、自己管理が大切です。ルーズにならないためにも、ルールを決めて、成果がだせる環境を自分で作り出す能力が必要になります。

リモートワーク成功のポイント④仕事に対する責任感

自分の思いのままに仕事時間をコントロールできるリモートワークですが、それが原因で仕事の成果に影響が出ることはあってはならないことです。

より生産性が高いと考えられる柔軟な働き方を選択しているからこそ、良い成果を出すことが求められます。このことを認識した上で、仕事に取り組まなければ「信頼関係」が崩れてしまいます。

働き方改革!女性の働き方④パラレルキャリア(複業)に注目!

政府の働き方改革により、新しい働き方が次々と生まれています。

結婚・出産・育児といった大きなライフイベントが多い女性にとって、一生同じスタイルで働き続けることは困難な場合が多く、自身のキャリアアップを断念せざるを得ないケースも発生します。 そんな時、自身のキャリアアップを継続する選択肢としてパラレルキャリアが注目されています。

パラレルキャリアとは?

パラレルとは英語でparallel=並行という意味。本業がありながらも、並行して「第2のキャリアを築く・活動をする」というのが「パラレルキャリア」です。

例えば、出産・子育てを機にフルタイムで働けなくなったときも、パラレルキャリアを実践することで本業(育児や家事)の傍ら、自分の趣味・特技を活かしたり、興味・関心のある分野に新しく挑戦することができます。今の時代、退職するまで同じ会社で働くという考え方古くなりました。様々な働き方が見直されるよう中で、本業とは別のキャリアを築いていくことで、自分らしく働き続けられるのです。

複業と副業との違い

本業のほかにも仕事をするのは、副業やWワークと一緒ではないか?と思う方もいるでしょう。しかし「パラレルキャリア(複業)」が副業と違う点は「報酬を得ることだけが目的ではない」ということです。

複業では仕事でのスキルアップや、将来への自己投資など、自分自身のために行います。ボランティアやスポーツなどをパラレルキャリアとして行っている方もいるのです。収入面よりもキャリアを優先し、やりがいをもって活動できることが「パラレルキャリア(複業)」といえるでしょう。

女性がパラレルキャリア(複業)で働く【メリット】は?

パラレルキャリアのメリット①持っている資格や経験を活かせる

例えば、学生時代に留学して英語をマスター。日本の英語教育に携わりたいという夢を持っていながら、現在の業務では全く英語に携われていない人が、地域のコミュニティーセンターで子供向けに月に1回英会話教室を開くことで夢の実現につながります。今の仕事を辞めて学校の先生や塾講師になるには、準備が必要ですが、自身のスキルを磨く意味も込めて可能な範囲内で夢を実現することができます。

専門的な大学や学校に行ったものの、今は関係のない仕事についている。仕事のために資格を取ったけど、ほとんど活かされていない。こんな風に自分の経験やスキルを本業に活かせていない人は多いです。

それなら、パラレルキャリアで活かせる場を見つけませんか?せっかくの持っているスキルを使わないのはもったいないです。

パラレルキャリアのメリット②:新しい出会いが増やせる

パラレルキャリアで活動している過程で、本業では接点を持たないような異業種の人と出会うことができます。新しい出会いは、自身の今後のスキルアップや本業でビジネスチャンスにもつながります。また、趣味の延長であれば、一緒に趣味を楽しめる仲間が見つかり、同世代を集めるイベントを企画すれば、自分が抱えている不安や焦りを相談できる仲間が見つかります。

同じ仕事ばかりしていると視野は狭まってしまいます。パラレルキャリアは本業での視野を広げることにもつながるのではないでしょうか

パラレルキャリアのメリット③自己管理力がUPする

本業とパラレルキャリアを両立するには、スケジュールやお金の使い方、体調管理、時間管理を見直す必要があります。やりくりするうちに自己管理力が高まり、効率的に働けるスキルもつくはず。

自分が本当にやりたいことをできれば、人生が生き生きとします。今までの自分を客観的にも見られるでしょう。パラレルキャリアは何よりも自分のために一歩踏み出すことなのです。

パラレルキャリアのメリット④:パラレルキャリアで学んだことが本業で活かせる

例えば、本業で化粧品の商品企画を担当している人が、スキマ時間を有効に使って料理教室を開いたとします。料理教室に集まる女性との他愛もない会話の中から、新商品のヒントを得ることがあるかもしれません。また、料理教室のチラシ作成やHP開設で身に着けたスキルを使って、化粧品のデザインを自分で作れるようになるかもしれません。このように、思いがけないところから本業に活かせることができます。

パラレルキャリアのメリット⑤:時間・場所に縛られない

本業以外に5~10時間(1日1時間程度)、まずは1か月だけなど、現在のライフスタイルに合わせて自由に時間を決めることができます。つまり、子育てをしながらでも継続できます。また、「出勤する」という概念がないので、本業の通勤時間、休憩室、自宅、カフェなど、場所は選ばずすきま時間さえあれば進めることができます。

女性がパラレルキャリア(複業)で働く【デメリット】は?

パラレルキャリアのデメリット①忙しくなる

プライベートでも何かするようになれば、当然時間がなくなります。そのせいで本業に支障が出たら意味がありません。体力的に、精神的に、しんどいというなら、無理はしすぎないこと。本業が忙しくなる時期は、パラレルキャリアの活動は控えるなど、スケジュール調整もきちんと行いましょう。

パラレルキャリアのデメリット②お金がかかる

パラレルキャリアによっては、報酬が発生しないこともあります。逆に費用がかかることもあるでしょう。経済的な面で可能かどうかを考えることも大切です。

パラレルキャリアのデメリット③副業NGの会社もあるので注意しよう

本業の規則も知っておくことが大切です。本業以外の活動を禁止している場合もありますので注意しましょう。その場合は、無償の活動は可能であるかなど、方向を変えたパラレルキャリアを調べてみましょう。

パラレルワークはどんな人におすすめ?

パラレルワークに向いている人は、事情があって転職できないけど、やりたいことを諦めきれない人

収入だけではなく、趣味として好きな事を長く続けられる人などが向いています。

パラレルワークは、会社に捉われない働き方の一つですので、社外でも発揮できるスキルを持つ人に向いていて、自分の習得したスキルを、他の場所でも試してみたいと思う人に適しているといえます。

また、普段の仕事とは違う仕事をやってみたいと思う人もまた、パラレルワークがおすすめです。

働き方改革!女性の働き方⑤「フリーランスで働く」という選択

働く女性の中には、給与よりもやりがい。「好きなことを仕事にしたい」という割合が非常に多くなっています。

給与の高い仕事よりも「誰かの役にたつ仕事をしたい」「大きな仕事をしたい」という女性も多いのではないでしょうか。そういった女性の理想の働き方は組織としてではなく「個人」として活躍する「フリーランス」という働き方です。

フリーランスは、会社に属さずに一人の女性として、「自分の名前で働ける」というメリットもありますが、会社員時代は当たり前だったことが、当たり前ンでなくなりすべて自分でやっていかなくてはならない。というデメリットもあります。

女性がフリーランスとして働く【メリット】は?

フリーランスのメリット①仕事の合間に家事や育児ができる

フリーランスだと、働く時間や場所は、自由ですから結婚後の家事や育児との時間調整も自由です。仕事もしたいけど、家事や子育ても妥協せずにやりたい。という女性にとって、満足度はたかくなります。

フリーランスのメリット②仕事のキャリアにブランクができない

自分のスキルや資格を活かしてフリーランスで働くことができれば、結婚や出産、育児のあいだも、自分のペースで働けば、キャリアを継続することが可能です。やりたいことや好きな仕事がはっきりしている女性にとっては、理想の働き方です。

フリーランスのメリット③頑張り次第では会社員より稼げる

フリーランスは、仕事をした分だけ報酬をもらえます。頑張り次第で稼げること、評価されることはやりがいになりますね。

女性がフリーランスとして働く【デメリット】は?

フリーランスのデメリット①収入が不安定

普通に会社に勤めている会社員には、「固定給」というものがあります。

毎月必ずもらえる給料のことですね。体調を崩して休んでも、会社の売り上げが落ちても

これは貰うことができます。そういった意味ではとても安定しています。フリーランスになれば、これらの環境はありません。 働いたら働いた分だけの収入は入りますが、不安定です

フリーランスのデメリット②社会的信用がない

会社員であればバックに会社という強い味方が付きます。なのでたとえば銀行からもお金が借りやすいですし、ローンを組んだり、住宅や不動産系の契約にも強く、審査に通りやすです。

しかしフリーランスの場合、収入が不安定という見られかたをされるので、上記審査にも不利な場合が多く融資審査も通りにくくなります。

フリーランスのデメリット③税務処理がめんどくさい

会社に属していると、納税や細かい総務経理の業務は会社が代わりにやってくれます。しかしフリーランスはこれらの雑務もすべて自分で行う必要があります。

フリーランスのデメリット④社会保障がない

通常、会社員が入っている「健康保険」「厚生年金」「介護保険」「労災保険」「雇用保険」などは、フリーランスでは、はいれなくなりますので、自分でリスクに備える必要があります。

女性が自分らしい働き方を見つける方法まとめ

女性が仕事とライフイベントを両立していく働き方について、紹介してきましたが、働き方の正解はそれぞれ違います。どのようにみつけていけばいいのでしょうか?

STEP①「どのように両立したいか」をイメージする

結婚後や出産後も仕事と家庭を両立できる会社を探すためには、「仕事内容」や「自分の経験が生かせるか」だけでなく、「自分に合った働き方ができるか」を見極める必要があります。転職後、どんな風に仕事に取り組んでいきたいか、結婚後や出産後も家庭と両立するためにどんな働き方が理想的か考えましょう。結婚前・出産前の人も、ライフステージが変化した後をイメージしながら考えましょう。

STEP②具体的な条件を考える

「1日1~2時間の残業はあってもいいから、新しい仕事や役職にもどんどん挑戦していきたい」「パートナーより先に帰宅し、夕飯は毎日手作りしたい」など仕事と家庭のバランスがイメージできたら、それらをかなえるために必要な条件を当てはめて考えていきましょう。勤務時間・人事制度・福利厚生など細かく分けて考えることが大切です。

「収入よりも、勤務時間の柔軟性が大事」「在宅勤務やフレックス勤務があれば、時短勤務制度はなくても大丈夫」「家事・育児は実家が協力してくれるので、勤務先にはサポート制度より女性の管理職登用実績を求めたい」など、人それぞれだと思います。あれもこれもと多すぎると探しづらくなりますので、それぞれの条件に優先順位を付ける、あるいは「最低限これだけは」と絞っていくと良いでしょう。

STEP③自分の成功を「再定義」しよう

あなたにとって「成功」とは何でしょうか?

もし、あなたの成功が「家庭を顧みずに倒れるまで働いてトップに上りつめる」ことであれば、柔軟な働き方は必要もないかもしれません。

しかし、ほとんどの女性はそんな「成功」は求めていないのではないでしょうか。なぜならそれは、「女性のために定義された成功」ではないからです。これまでの男性が活躍す社会で定義された「成功」に女性が無理して当てはまる必要はありません。いま、女性たちは、自分の成功を「再定義」する必要があるのではないでしょうか。

女性の働き方には正解も不正解もありません。固定概念にとらわれず、自分の生き方や考え方、家族とのつながりのなかで自分の働きたい形で働ける社会の実現は非常に重要です。自分に合った働き方を見つけて、満足できる充実した人生にしたいですね。

関連記事

  1. 【オフィスの選び方】コアワーキング・シェア・レンタル・SOHO・賃貸どれがおすすめ?

  2. 創業支援事業計画とは?開業時に嬉しい3つのメリットと利用方法を解説!

  3. オフィス移転のお知らせメール

    【オフィス移転のお知らせメール】送り方の基本とすぐに使える文例まとめ

  4. 品川新駅の名前は高輪ゲートウェイ駅 再開発の理由とは

    品川新駅の名前が決定!「高輪ゲートウェイ駅」再開発の理由とは?

  5. 確定申告 フリーランス・個人事業主のメリットや青色申告の流れは?

    【確定申告】フリーランス・個人事業主のメリットや青色申告の流れ

  6. オフィス移転 仲介業者の選び方

    【オフィス移転】失敗しない仲介業者の選び方5つのポイント

  1. いちご南池袋ビル│東京都豊島区南池袋│敷金12ヵ月⇒0ヵ月

  2. いちご永代ビル│東京都江東区永代│敷金12ヵ月⇒0ヵ月

  3. いちご九段三丁目ビル│東京都千代田区九段南│敷金12ヵ月⇒0ヵ月

  4. クロスオフィス内幸町│東京都港区西新橋│敷金6ヵ月⇒1ヵ月

  5. クロスオフィス三田│東京都港区芝│敷金6ヵ月⇒1ヵ月

  1. ベンチャー企業とは?働くメリットや向いてる人・向かない人の特…

  2. 【オフィスの選び方】コアワーキング・シェア・レンタル・SOHO…

  3. 東京オリンピック選手村の跡地はどうなる?五輪開催後の跡地活…

  4. オフィス移転のコストを大幅削減!敷金0円の「フラットオフィス」とは

  5. 「旧耐震基準」と「新耐震基準」の違いとは?オフィス選びの注意点