ベンチャー企業とは?働くメリットや向いてる人・向かない人の特徴を分析

ベンチャー企業とは?働くメリットや向いてる人・向かない人の特徴を分析!

就活生の中でも、人気が高まる「ベンチャー企業」。人気の理由は、「新しいことに挑戦している」、「若い社員にも実力次第で大きな可能性がある」、「成長しやすい」などの前向きなイメージが付いていることが要因として挙げられます。しかし、実際のベンチャー企業とは、どのような企業のことで、働く上でどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。ベンチャー企業に向いている人・向かない人の特徴も合わせてご紹介します。

そもそも「ベンチャー企業」とは?意味や語源を解説!

「ベンチャー企業とはこういうものである」と自信を持って説明できる人は少ないかもしれません。そもそも「ベンチャー企業」という言葉は、「創業間もない企業」、「新しいビジネスを始めている企業」、「規模が小さい企業」などといった意味で使われています。
もともとの語源は英語の“ベンチャー(venture)”という単語で「冒険的な」という意味が由来しています。そこから転じて、大企業では手を出しにくい、冒険的で創造的な事業を立ち上げる中小企業や、事業そのものを指して「ベンチャー」と呼ぶようになりました。そのため、海外で「ベンチャー」と言っても基本的に通じません。

ベンチャー企業には定義がない!?

実は「ベンチャー企業」という言葉に、明確な定義は存在していません。そのため、何をもってベンチャー企業と言っていいのかは非常に曖昧です。
明確な定義はありませんが、ベンチャー企業は「新しいビジネスにチャレンジする企業」という意味で使われることがほとんどです。革新的なアイデアや技術で世の中にそれまでなかったサービスや商品を生み出す企業を指しています。
例えば、「株式会社クラウドワークス」は、「クラウドソーシング」という新しい働き方を生み出した企業です。「株式会社エス・エム・エス」は、高齢社会の課題を情報インフラの構築によって解決するビジネスを生み出しました。「株式会社ブイキューブ」は、WEB会議やテレビ会議などで国内最大のシェアを誇っています。
このように、それまでの市場になかった新しい価値や商品をサービスとして企画・実行し、世に送り出している企業が「ベンチャー企業」といえるでしょう。

社内ベンチャーとベンチャー企業の違い

社内ベンチャーとは、すでに事業を持っている企業が、新しい事業をつくり出すために、社内に独立した事業部隊をつくることです。法人登記をするわけではないので、会社ではありません。
社内ベンチャーのメリットは、起業家精神をもっている社員が、会社のバックアップを受けながら起業できるということ。逆にデメリットは、事業の実施には会社の承認が必要であり、最終的な決済権をもっていないということ。つまり、会社にとって利益がないと判断されれば、事業を実行できないことがあるということです。

ベンチャー企業で働く3つのメリット

ここまでベンチャー企業がどのような企業なのか紹介してきましたが、実際にベンチャー企業で働くことにはどのようなメリットがあるでしょうか。もしあなたがベンチャー企業で働きたいと考えているなら、メリットをきちんと把握しておくことが大切です。ここからは、実際にベンチャー企業で働くメリットを紹介していきます。

ベンチャー企業のメリット①やりがいが大きい

ベンチャー企業で働くことのメリットの1つとして、「自分の裁量が大きい」という点が挙げられます。新規事業のため資金や人材が限られていることが多く、「新しいことに挑戦する」ことを良しとする風土があるため、1人1人に任される仕事の範囲が広いからです。
そのため、自分で考えた企画を発信したり、自分のパフォーマンスを上げる働き方を自分で工夫したいという人にはとても魅力的です。自分が考えたことがすぐに実行に移しやすく、結果にダイレクトに跳ね返ってくるので、仕事のやりがいはとても大きいです。

ベンチャー企業のメリット②服装が自由な場合が多い

ベンチャー企業では、服装が自由な会社が多いです。特にIT系の新しい企業の場合、直接クライアントやお客様に接する機会が少ないため、私服で業務を行う人が多くなります。理由は、その方が働きやすく効率的だからです。
もちろん、中にはスーツが義務づけられているケースもあります。同じIT系の企業内でも、営業部門など、直接クライアントやお客様と接する人は、フォーマルな服装が求められるでしょう。スーツで働くことがスタンダードとされている日本社会で、自由な服装で仕事がしたい。と考えている人にはメリットになるでしょう。

ベンチャー企業のメリット③実績や経験を積みやすい

ベンチャー企業には、実績が積みやすいというメリットもあります。なぜなら、先ほども書いた通り、ベンチャー企業は個々人の裁量が非常に大きいからです。大企業であれば、経験の少ない若手がいきなり新しい企画に挑戦するというのはあまりありません。しかし、ベンチャー企業の場合はそういったハードルが低くなるため、次々と新しことに挑戦しやすいメリットがあります。また裁量が大きいということは、自分が携わった企画の実績がそのまま自分自身の実績になっていくことを意味します。早い段階から自分で企画立案し、実行まで責任を持って行っていくことで、実績を積みながら自己成長していけるのもメリットです。

ベンチャー企業で働く2つのデメリット

ベンチャー企業で働くことにはデメリットも存在します。ベンチャー企業で働く前には、メリットだけで無くデメリットも把握し、よく吟味することが大切です。

ベンチャー企業のデメリット①教育体制が整っていない

ベンチャー企業のデメリットとして代表的なのが、「教育体制が整っていない」という点です。ベンチャー企業は新しい事業に取り組む企業であるため、業務内容が整備されていないケースが多いです。
また人員が限られているため、教育を行うスタッフを専門に用意することは難しいと言えます。ベンチャー企業では上司や先輩に教わるのではなく、即戦力として動きつつ、不足は自分で学んで補っていく姿勢が求められます。

ベンチャー企業のデメリット②ブラック企業も多い

ベンチャー企業には、良い意味でルールがなく、定時に出社して定時に帰社という風土は少ないので、捉え方によっては、ベンチャー企業はブラック企業です。そもそもブラック企業は「はたらくことは大変なこと、ツライこと」という前提を含んでいます。仕事がココロの底から充実して楽しければ、働き過ぎということはないですから、「仕事が趣味」くらいにのめり込めるなら、勤務が長くてもブラック企業にはなりません。がそれに当てはまらなければデメリットと感じるかもしれません。

ベンチャー企業に向いている人の特徴3選

ベンチャー企業で活躍するためには、求められる気質があります。向いている人・向かない人がいることも事実です。そこで、ベンチャー企業で活躍しやすい、適性のある人の特徴をご紹介します。

特徴①変化を楽しめる人

ベンチャー企業では、企業が成長過程、新しいことに取り組んでいるため、日々様々な変化が起こります。
そのため、日々繰り返される変化に柔軟に対応し、楽しめる性格を持っているかが重要になります。

特徴②自ら作り出していくことが好きな人

ベンチャー企業が成長するには、常に新しい手法を取り入れることが必要不可欠です。トップとの距離の近さも重なって、個人のアイディアが柔軟に受け入れられる。という風土があります。自ら提案し、仕事を作り、そこで価値を創り上げることで信頼を得る。そのことを楽しめる人にはもってこいの環境といえます。

特徴③困難に対処することが好きな人

ベンチャー企業によっては、解決しなければならない課題がたくさんあるときもあります。そのとき、時間や力がないと挫折していては課題解決に向かいません。
その課題すらを楽しんで、自らの成長に繋げられるくらいのパワーがある人がベンチャー企業に向いているといえるでしょう。

ベンチャー企業に向いていない人2選!

向いている人にも紹介した通り、「会社に成長させてもらう」のではなくて、「会社の環境を利用して、みずから勝手に成長してやる」というの気持ちを持っている人でないと、ベンチャー企業でも仕事は向かないことが多いでしょう。ベンチャー企業に向かない人は以下のような特徴があります。

特徴①受け身な人

上司が明確な指示を出してくれた方が仕事がしやすいという人には不向きです。
ベンチャー企業は新しいことに挑戦しやすい風土である分、受け身の姿勢では成長しにくいからです。自分から考え、動いていかないと、チャンスや実績を得ることは難しいくなります。

特徴②マニュアルのある仕事が好き

「マニュアルがないのでわかりません」「ルールをちゃんと決めてくれないとできません」「定時ピッタリに帰らせてもらえないとイヤです……」こういった考え方だと、ベンチャー企業で働くのは厳しいでしょう。ベンチャー企業は「新しい産業を生み出す」という風土ですから、マニュアルは自分たちで作らなくてはいけない環境なのです。

ベンチャー企業には適正がある!

いかがでしたか。ベンチャー企業には様々な特徴があります。ベンチャー企業に興味がある人は、そのメリットやデメリットを知り、自分に適性はあるのかを見極めることがとても大切です。よりよい選択ができるよう、この記事を参考にしつつ分析してみてくださいね。

関連記事

  1. オフィス選びは女性目線が重要!働く女性が求めるポイント10選を徹底解説!

  2. 賃貸オフィスに火災保険は必要?加入してないとどうなる?

  3. ビットバレーの復活に期待 渋谷再開発地区へオフィス移転するメリット

    ビットバレーの復活に期待!渋谷再開発地区へオフィス移転するメリットとは

  4. 起業やオフィス支店開設 家賃補助や助成金が有る地方自治体5選

    起業やオフィス支店の開設に~家賃補助や助成金がある地方自治体5選

  5. 「RC」「SRC」って何?オフィス選びで知っておきたい建物構造をズバリ解説

  6. カタカナ役職ってどの人が偉いの?サクッとわかる一覧まとめ

  1. いちご南池袋ビル│東京都豊島区南池袋│敷金12ヵ月⇒0ヵ月

  2. いちご永代ビル│東京都江東区永代│敷金12ヵ月⇒0ヵ月

  3. いちご九段三丁目ビル│東京都千代田区九段南│敷金12ヵ月⇒0ヵ月

  4. クロスオフィス内幸町│東京都港区西新橋│敷金6ヵ月⇒1ヵ月

  5. クロスオフィス三田│東京都港区芝│敷金6ヵ月⇒1ヵ月

  1. オフィス選びは女性目線が重要!働く女性が求めるポイント1…

  2. 賃貸オフィスに火災保険は必要?加入してないとどうなる?

  3. ベンチャー企業とは?働くメリットや向いてる人・向かない人の特…

  4. 【オフィスの選び方】コアワーキング・シェア・レンタル・SOHO…

  5. 東京オリンピック選手村の跡地はどうなる?五輪開催後の跡地活…